FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1785回「今年一番熱中したものって、何?」

こんばんは。

冷たい牛乳が好きなカニ光線です。いやホットも好きなんだが。


今年熱中したもの

畳の目を数えることぐらいでしょうか。


あっ、畳なかった。


いや今年、熱中したものといえばタイガーアンドバニー

二年前のアニメに今頃熱中するなんて時代を先取りしているとしか思えない。最先端です。


まだ飽きてないな。暇があったらアニメ2回目を見てます。


昨日映画みてきました。かぐや姫の物語。

DSC_0195.jpg

画像が横になっているのはスマホでとったからなんですねー。いや撮り方間違えただけという。

感想があるのですがネタバレなので

話の内容としては普通にかぐや姫(竹取物語)であって

ただ脚色としてかぐや姫は自然大好きっ子となっている。なので翁と都に住むことは愉しまない様子になっている。

そして帝の求婚を断ってから月を見て泣くようになり「私は月に帰らなければならない」と言い出す。

それまでが普通の人間っぽいしぐさや感情を見せていたので

へ!?

って感じ。

いや月に帰るのは知ってるんですが月に帰る理由が「月に帰りたいと心から願った」からであり

なのに「月には帰りたくない」と泣き出す始末。

どっちだよ

で月の住人だったのもその帰る前に思い出したとか。

いやいや帰りたくないと願ったら帰らなくていいことになるんじゃないの??

そもそもかぐや姫は都とか好きじゃなかった、思い出していたのは竹取の翁が住んでいた山のことだったのに、都みたいな、いやもっと自然もくそもないような月になんで帰りたいと願ったのか、そして今度は帰りたくないと泣くのか。

帝には反発したのに月のエライ人には逆らわないのか。

だいたい罪をおかして地球に落とされたかぐや姫なのに、月のほうから翁の元には金や綺麗な布を送ったりしていたれりつくせり。

で、本当に竹取物語はこんなのなのかとウィキで見てみました。

まずかぐや姫は善行をした翁のもとに助けにとかぐや姫をつかわされた。かぐや姫は罪をおかしたから賤しい場所(翁のもとに)に行かされた。

罪滅ぼしの期間が過ぎたから月から迎えに来た。

かぐや姫は自然大好きっ子という描写はない。しかしかぐや姫は確かに月には帰りたがってはいない。


だいたい原典そのままなんだけど月に帰る理由をこじつけた。もっとかぐや姫は人間じゃない感じにしてほしかった。だいたい自分でも普通の人間とは違うと気づいていたはずなのに。「月の住人だったの思い出した」はないだろう。
まだそのまんま竹取物語の話のほうがよかった。

月に帰るとこで変な理由づけをしたせいで自分には心にひっかかってしまって翁との別れのシーンも泣けなかった。


全体的に何も引っかからない人には愉しめる作品だとは思う。ひねくれスキルのある人は注意。
映画の尺として竹取物語にしては137分は長いのではないかと思ったけどそうでもなかった。絵はパステル調で昔話には合う。たぶんこの絵のせいで金かかっているんではないかと。

月に帰ると言い出すまでの話はよかったのに。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど、内容が大体わかりました。
若干ひねくれスキルがあるので観る時は注意ってかw

Re: No title

コメントありがとうございます。

内容はほぼ竹取物語。なんですけどねー。

なんか釈然としない。考えたら負けなのかも。

私も観ました。

山に帰りたい→結婚したくない→こんなところに居たくない…誰か助けて=天の偉い人「かぐや姫が帰りたがってる!」ってこと かと思った
(>.<)
あと気になったのは捨丸の一件と帝のアゴかなあ。

No title

かぐや姫の物語って・・ジブリ作品でしたっけ?
なんかCMか何かでチラッと見たような?
基本の作りは竹取物語と変わらないんですね。
そもそも竹取物語あまり知らないんですけど・・

家具屋姫の物語・・やはり家電がよく売れてたんでしょうか?

週刊文春ネタですが

先週の週刊文春に鈴木プロデューサーの対談が載ってました。
高畑監督もなかなか難しいひとのようですね。

私はアレンジ前の「竹取物語」を今知りました。
う~ん。高畑監督なりに、今時のおなごの心理を取り入れたのでは?
それが余計だったんでしょうね。

はっ!!気付けば初めてカニさまに対して真面目なコメを
した気がします。

どうぞ適当にながしてください(*´∀`*)

No title

タイガーアンドバニー、
ここで、2月上映と書かれてたので、
そのことを娘一号(タイガーアンドバニーファンです)
(彼女の影響で僕も、、)に話すと、
「え〜〜〜??2月かよ!」と、「遅すぎるだろ」とのことv-11

No title

なるほど、そういう内容なのですね。
わかりやすい解説ありがとうございました。

Re: タイトルなし

夏ミカンさんコメントありがとうございます。

天のエライ人もそのあと帰りたくないっていってんだからキャンセルすればよかったのに。でも原典どおりにした。なら変な味付けしなければよかったのにと思います。

捨て丸は奥さんと子供がいたのにかぐやと一緒になろうとしましたよね。あれは幻術のたぐいだったのか分かりませんけど。

帝のあご。しんえもんさんにはかなわないけどなかなかの一品でしたね。

Re: No title

R2さんコメントありがとうございます。

話の大まかなストーリーは竹取物語ですね。

ひねくれてない人なら楽しめます。

家具屋としてはヤマダ電機にはかなわないと思います。

Re: No title

エルさんコメントありがとうございます。

タイバニの映画は2月8日公開だそうです。

娘さんにはエルさんのせいで公開が遅れたことにしといてください。

Re: No title

電脳高架橋さんコメントありがとうございます。


説明がかなり至らなかったと思いますが、内容が竹取物語ほぼまんまなのは公式みても分かるんではないかと。


まっでも竹取物語ちゃんと知ってる人ってたぶんあまりいないと思われるので知らないほうが映画を見る分には愉しめると思います。

日本のアニメ史上に残る名作にしたかったんだとは思います。名作になるかは見た人みんなが決めることなので。
自分としては名作になる可能性はあると思いますよ。

Re: 週刊文春ネタですが

PHiRoさんコメントありがとうございます。

コメント返すの抜けてたごめんなさい。
高畑監督の人となりは全然知らないのですが、作風から宮崎監督みたいなイメージしかなかったですね。

そういえばかぐや姫のコピー「姫の冒した罪と罰」ってなんだったのだろうか。

かぐや姫という人ならざるものを主人公に命の物語っぽいものを作ったのがなんか合わなかったと思います。
プロフィール
このブログの半分は優しさで出来てます。あとの半分は片栗粉とかそんな白い粉でございます。

カニ光線

Author:カニ光線
ローテンションときどきハイテンション。

今更ですが相互リンク大募集です。リンク希望者は念を送ってください。狼煙でも可。


基本てきとーです。


人気ブログランキングへ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
地球滅亡の日まであと
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。